記事一覧

ネイビーパンツとポロシャツでドレカジの好バランスを実現した大人コーデ

アップロードファイル 13-1.jpg

シャツのきっちり感とTシャツのカジュアル感を併せ持つポロシャツとネイビーパンツを合わせれば、上品な大人のキレイめスタイルも思いのまま。こちらの御仁は、くるぶし丈に設定したネイビーパンツとタッセルローファーの間に素足を覗かせ抜けを演出。カジュアルとドレスをイイ按配のバランスでまとめ、コーデの洗練度を高めている。

ラフさとクラシックな雰囲気をミックスしたチェック柄ネイビーパンツのコーディネート
チェック柄のネイビーパンツに薄青デニムシャツを合わせて、ラフな雰囲気をプラスしたコーディネート。白Tシャツをインナー使いし胸元ボタンをワンポイント留めしたデニムシャツとのコンビネーションにより、チェック柄スラックスの印象をよりカジュアルにシフト。ドレスな着こなしとは異なるイメージの新鮮なスタイルを表現している。

ネイビーパンツならチェック柄ジャケットコーデが上品に仕上がる
ネイビーパンツを取り入れれば、チェック柄ジャケットコーデも上品で大人っぽく仕上がること間違いなし。ジャケットを悪目立ちさせることなく、柄モノ特有のクセをほどよく中和させ、洗練された雰囲気に。足元は白スニーカーでこなれ感をプラスするも、革靴合わせでシックにキメるもお好み次第。

抜け感のあるバンドカラーシャツとジレを合わせたネイビーパンツのキレイめコーデ
抜け感のあるバンドカラーの白シャツと紺ジレ、ネイビーパンツと白スニーカーを合わせたキレイめコーデ。オーセンティックな雰囲気を醸すバンドカラーシャツとジレのコンビネーションは色味をネイビーと白でまとめ、スタイリッシュなテーパードシルエットのネイビーパンツとこなれ感のある白スニーカーをセットすればぐっとモダンな印象に。フロントボタンをオープンのまま羽織ったジレの着こなしも、きっちり過ぎず軽やかだ。

ブラウンポロシャツとネイビーパンツのコーデで洒落者お得意のアズーロ・エ・マローネを表現
こちらの御仁は、ブラウンの半袖ポロシャツとゆったりシルエットのネイビーパンツ、ブラウンスエードのタッセルローファーで洒落者お得意のアズーロ・エ・マローネを表現。艶やかな色使いのアイテムをリラックスしたサイズ感で着こなすことで、イマどきなエフォートレス気分を取り入れている。ボタンを全開しつつ裾をタックインしたポロシャツの着こなしとネイビーパンツのロールアップ加減も、キレイめと涼し気な抜けの好バランスで参考になりそうだ。

腰ゆるシルエットのネイビーパンツと麻混ジャケットでシックにまとめたジャケパンコーデ
こちらの御仁は、腰周りがゆったりとしたワンプリーツのネイビーパンツに涼感のある麻混素材の薄茶ジャケットをコーディネート。白Tシャツをインナー使いすることで、ジャケットとボトムスの洒脱な色使い”アズーロ・エ・マローネ”を際立たせている。足元を艶っぽく引き締めたブラウンのコインローファーも見逃せない。

ワークなムードのネイビーパンツコーデの腰元に柄スカーフをあしらいアクセントをきかせる
キレイめで上品なイメージのネイビーパンツも、ゆったりとしたシルエットのタフなコットンツイル素材を選べばワークな雰囲気を演出できる。シューズに合わせてロールアップで丈感を調整すれば、抜けやこなれ感のある足元に。こちらの御仁は、ネイビーパンツのゆったりとしたシルエットに合わせて、スリーブレスジャケットのようなジレとドロップショルダーのTシャツをコーディネート。ウエストにあしらった柄スカーフでアクセントをきかせたテクニックもイイ感じだ。

爽やかなネイビーパンツのコーディネートにデニムのライダースベストで男らしさをプラス
爽やかな白Tシャツとネイビーパンツのコーディネートに、キャラ立ち必至なデニムのライダースベストをレイヤードして男らしさを演出。白Tシャツに馴染みやすいウォッシュドの効いた薄青デニムのライダースベストを取り入れることで、やんちゃな雰囲気だけが悪目立ちすることなくまとまりのあるスタイルに仕上げている。

襟をカットオフした薄青デニムシャツとワイドレッグのネイビーパンツ、白スニーカーをコーディネートして武骨なムードをプラス。抜け感のある首元にあしらった旬な柄ネッカチーフでアクセントをきかせ、中折れハットとサングラスで魅力的な雰囲気にキャラ立ちしている。

ビューティ業界での経験を持つトップが語る戦略とは

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpgアップロードファイル 12-4.jpg

1987年創業のベルギー発バッグブランド「キプリング(KIPLING)」が2019年春夏シーズンからリブランディングする。18年1月に就任したヴェラ・ブリューワー(Vera Breuer)=グローバル・プレジデントの指揮の下、ミレニアル戦略にシフトし、これまで地域別に行っていた打ち出しや商品デザインを、新ブランドコンセプト“Live.Light”を掲げてグローバルに統一したメッセージを発信する。

私だけの力ではなくチームとして達成したことだと思っているが、これまで地域ごとに成長してきたブランドを統一することに注力してきた。これが私の最大のミッションでチームも1つにしたし、製品も発信するメッセージも1つにした。

かなり違った。これまでは各地域の情報を統合していなかったし、ロゴも製品もバラバラだった。クリエイティブ・ビジョンを設定することで製品がどうデザインされるべきか、消費者にどういうメッセージを発信すべきかのガイドラインが定まったように思う。それに伴いストアコンセプトも変えた。すごく充実した11カ月だった。

クリエイティブ・ビジョンの設定などは私が就任する前から進んでいた。私が就任してからはチームを招集して、すでに決まった戦略をどう実行に移していくかを考えるところから始めた。また、デジタル改革は強化すべき課題だった。ブランドとしての最大のショーケースはデジタルだから、デジタルチャネルをどう定義していくかは重要だ。

「キプリング」をグローバルブランドにすることと、カジュアルバッグのゾーンでリーダーになること。それに伴い、今回新たに“Live.Light”というスローガンを掲げた。これは“自分らしく生きて、輝く”という意味。Lightはブランドの強みである“軽さ”もかけている。そしてLiveとLightの間にある緑のドットは、ブランドのヘリテージを表し、ヘリテージが“自分らしく生きる(Live)”と“輝く(Light)”をつなぐ役割を果たしていることを表現した。

ピンクを生き生きとしたライトグリーンに変更した。ピンクだった時代は必然的にウィメンズがメーンターゲットになっていたが、リブランディングでグリーンを採用したのはユニセックス感を強める意味もあった。

バック・トゥ・スクール(学校生活において必要となるアイテム)のビジネスが強く、若い顧客が多いから今後はミレニアルズに注力していく。一方でロイヤルティーの高いマザー世代もたくさんいて、この層をキープしつつ、ミレニアル世代を新規に取り込む必要があると考えている。

ストーリーがあってデザイン性の高いアイテムを展開する。また、自己表現ができるようなカスタマイズを体験できるスペースを店内に設ける。アーティストとのコラボレーションも積極的に行う予定で、19年もコラボ企画を予定している。

デザインチームが手掛けていて、私が入社するタイミングで「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」や「トゥミ(TUMI)」で経験を積んだ人をリクルートした。これまで地域ごとにまちまちだったデザインは、ニューヨークにいる彼女を中心としたデザインチームが手掛ける。その他にトレンドスカウターをアジアに置いている。なぜならアジアは大きなマーケットでもあり、アジアからトレンドが生まれていると考えているから。

人生の中でリブランディングに携われる機会はそうそうないと思ったから。また、18年間ビューティ業界にいたから何か違うことをするのもいいかなと思った(笑)。

ターゲット層は同じだから大きな違いはないと思っている。ミレニアルズは特に。ビューティでもバッグでもミレニアルズの支持を得たいなら、ストーリー性やエンターテインメント性があって、特別な体験ができないといけないし、彼らのデジタルに対する好奇心に応えないといけない。新コンセプトの店舗を作るときにはビューティ業界からヒントを得た。ビューティの店舗は、来店してすぐ色とりどりのリップを試して楽しむスペースがある。その応用で、「キプリング」の新店舗にはさまざまなアクセサリーを設置した。また、ビューティには店舗の奥にタッチアップのスペースがあるように、「キプリング」にはカスタマイズできるスペースを用意した。ビューティは顧客体験を学ぶには非常にいい先生だと思うし、最先端のテクノロジーを使っていて学ぶことがたくさんある。

ロバート秋山公認 “誰にでもなれる”体モノマネTシャツ発売

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpg

オリジナルTシャツの制作サービス「Tミックス(TMIX)」を運営するスパイスライフは、ロバート秋山公認の“誰にでもなれる”体モノマネTシャツ”の“マイボティ(MYBOTY)”を発売した。これは梅宮辰夫の体モノマネTシャツを販売する「ボティ(BOTY)」を運営するエース・マーチャンダイズと共同で開発したもの。「ボティ」で販売されていたものは、梅宮辰夫のモノマネTシャツのみだったが、「マイボティ」では自分の好きな写真などでモノマネTシャツを制作することができる。価格は1枚当たり5980円。なりたい人や動物の顔写真を「マイボティ」公式サイトを経由して送ることで、裏側にその顔がプリントされたTシャツが制作される。作ったTシャツを脱ぐ際にプリントされた顔がちょうど自分の顔の位置に来る、という仕組みだ。これがあれば、忘年会の余興などで悩む必要はないという。基本的になりたい人の顔写真は自由に使うことができるが、モデル、タレント等の顔写真は要事務所確認とのこと。

 「Tミックス」はオリジナルTシャツの制作・販売を行うサービス。これまでに330万以上のデザインが制作され、20万人の会員を有する。

MOSCHINOのポップアップショップがオープニングセレモニー表参道店にオープン!

アップロードファイル 10-1.jpg

抜群のセンスでファッショニスタの心を掴むセレクトショップ、OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)に、MOSCHINO(モスキーノ)のポップアップショップが6/5(金)よりオープン!

MOSCHINOの世界観をそのまま表現したポップアップショップでは、クリエイティブディレクターのジェレミー・スコットがデザインする2015年春夏コレクションを展開。『THINK PINK』をテーマに、バービー人形を表現したレディースラインと、ロゴマニアやスマイルフェイスの要素で構成したインパクトあるメンズラインが到着。

またオープン記念として、2015-16秋冬コレクションをイチ早く発売! テーマの『Ready to Bear』がプリントされたTシャツやスカート、バッグがラインアップに到着。期間中は店頭で大きなBear(クマ)がお出迎えしてくれるので、是非会いに行って♡

業界経験ゼロの会社員が作る、本気の副業ブランド

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpg

「ダイレマ(DILEMMA)」は2017年、“狭間にある美”をコンセプトにスタートした。現在公式サイトで予約・販売する2018-19年秋冬コレクションでは、グラフィックのカットソー類が中心だった先シーズンから、デザイン性のあるアウターやシャツ、パンツなどのアイテムを拡充した。
同ブランドを手掛ける杉山浩輝デザイナーは、普段は広告制作会社に勤務する27歳。ファッションに関する勉強をしてきたわけではない“素人”だ。そんな彼が本気で作る「ダイレマ」とは、一体どういうブランドなのか?杉山デザイナーと同じく、普段は印刷会社に勤める27歳の高前翔太ブランドマネジャーの2人に聞いた。
ブランド開始のきっかけは?
知り合いのDATSというバンドが「フジロックフェスティバル'17(FUJI ROCK FESTIVAL'17以下、フジロック)」に出ることになり、その衣装を作ってくれないかと頼まれたのがきっかけです。そこからインスタグラムなどを通じて話が広がり、もう少し数を作ってブランド化していこうと考えました。
高前翔太ブランドマネジャー(以下、高前):学生時代にも杉山とは「服を作りたいね」と話していたんですが、実現しませんでした。DATSの依頼がなければ、「ダイレマ」はスタートしていなかったかもしれません。
ブランドは2人でやっている?
僕と高前の他にもPR、経理などがいます。PRの子が海外アーティストと強い繋がりを持っているので、ライブやPVに「ダイレマ」の服を着て出演してもらったりしています。
誰も服飾系の学校を出ていないので、周りにはファッション業界の知り合いがいないんです。だからこそあらゆる手段でブランドを広めている。怖いもの知らずとも言えますね(笑)。
ブランド名「ダイレマ」の由来は?
「何かと何かの間にあるものを表したい」という考えが始まりですね。自分が本業で会社員をやりつつ、副業としてブランドをやっているのも背景にあります。そこから“DILEMMA”というブランド名にしようと考えた時、イギリス人の友人からイギリスなまりなら“ダイレマ”だと聞き、響きが良かったので採用しました。「ジレンマ」だと何だか中二病みたいだし(笑)。

19年春夏の注目は“くすみパステル”と“砂漠カラー” 淡いトーンで着こなし一新

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

2019年春夏シーズンのウィメンズでは、色が主役になりそうな兆しが立ち上がりで見えています。ピンクやイエロー、グリーンなどのポジティブなきれい色が目を引き、春の訪れを待ち遠しく感じさせます。

今回、注目したいのは、“くすみパステル”と“砂漠(サンド)カラー”。いずれも世界的なトレンドになっています。「ロンハーマン(RON HERMAN)」が打ち出したラベンダー系カラーは、スモーキーな色味に整えることによって、甘さを遠ざけ、大人女性もまといやすくなっています。

砂漠をイメージさせるサンドカラーは、サファリ系ルックやリゾート風ドレスなどでおなじみ。「インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)」はエレガントなシルエットで、たおやかに都会的な装いを提案。夏にかけては砂漠や中東・アフリカのイメージもあちこちのブランドから登場する見込みです。

日本のファッションブランドやセレクトショップでも打ち出しが相次いでいる春の新色スタイリングを見ていきましょう。

スモーキーなトーンの“大人ピンク”は、どこか懐かしいノスタルジックさが魅力です。そこに現代的なスポーティやワークウエア、アウトドアなどのエッセンスを取り入れてテイストミックスするのが今のおしゃれ気分になじむアレンジです。

「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」はピンクのスウェットシャツを、サマーセーターのようなリラックスした感覚で着こなすコーディネートを提案。レトロフェミニンな大人ピンクは、のどかなシルエットにもマッチ。サンドカラーのボトムスと合わせて、飾り立てない大人のこなれたスタイルに。

オーバーサイズのストリート気分のスウェットパーカを、あえて意外性のあるくすんだピンクで染め上げたのは「アイレネ(IRENE)」です。ボトムスもパウダーピンクで合わせ、全身をワントーンでまとめています。スリットとフードが着姿をリズミカルに見せています。メタリックなシルバーショートブーツが装いのスパイスに。

「グラフペーパー(GRAPHPAPER)」は、羽織り物とワイドパンツの両方にペールトーンを迎えました。羽織り物はストールのように巻いて、動きを出しています。ラベンダー系はトレンドカラーの有望株。白を“引き立て色”に使うと、コントラストが際立ちます。

ミニマルなTシャツも、ピンクで染め上げれば、デニムルックもイメージが様変わり。「スタイリング/(STYLING/)」はほのかにフェミニンさを漂わせたピンクのTシャツに、クールなデニムを組み合わせました。定番の白Tシャツとは違った、大人かわいい雰囲気を醸し出す、グッドバランスの着映えに整えています。

“砂漠カラー”が盛り上がってきた背景のひとつに、中東やアフリカへの関心があるようです。顔や頭を隠すアラブ風のアクセサリー、ゆったりと体を包むカフタンなど、中東やアフリカのアイテムを都会的にアレンジした装いも提案されています。

「エストネーション(ESTNATION)」はチュール系の薄手生地で仕立てたロマンティックなブラウスに、淡いサンドカラーを投入。帽子とパンツにも近い色を配して、テイストミックスを同系色でまとめ上げ、モダンな装いに仕上げました。

リラックス感のあるスウェットトップスに、レースのスカートで合わせたのは「アウラ アイラ(AULA AILA)」。甘めに見えやすいレーススカートも、サンドカラーで彩れば、シックな着映えに。ミニバッグを斜め掛けして、視線を引き上げ、すっきり感を引き出しています。足元はつややかなPVC(ビニル)シューズで異素材ミックスに仕上げました。

ワークウエアの人気はさらに盛り上がってきました。コラボシリーズの「コンバース トウキョウ × ミュベール(CONVERSE TOKYO x MUVEIL)」は、サンドカラーのオールインワンを披露。いわゆる「つなぎ」は武骨に映りやすいのですが、花モチーフをあしらってフェミニンに。強さとロマンティックが融け合った新鮮ムードです。

きれい色とサンドカラーをミックスした色使いは、こなれた着こなしに導いてくれます。「アウラ(AULA)」はイエロー系ブラウスとリブニットパンツを引き合わせ、性別にとらわれない“ジェンダーフルイド”な装いに。さらに、巻きスカート風に布を重ねて、表情を深くしました。

くすみパステルと砂漠カラーを操れば、レトロなムードや、非日常な気分を着こなしに取り入れることができます。やさしい色味だけに、好印象を与えてくれる点でも効果的です。新たな出会いが増える春に向けて、みなさんもぜひ取り入れてみてはいかが?

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。

Manhattan Portageのスエードシリーズで秋気分

アップロードファイル 7-1.jpg

まだまだ暑い日本だけど、ファッション業界では続々キュートな秋モノが公開中! ファッショニスタはすでに気分高まってる人も多いんじゃない?

  今年で設立30周年を迎えた、都市型バッグのパイオニアManhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)。NYCで誕生して以来、代名詞でもあるメッセンジャーバッグを始め数々のプロダクトで魅了してきたライフスタイルブランド。今回2013A/Wコレクションとしてローンチされたモデルは、人気のスエードファブリックシリーズ待望のニューライン! ブラック、ネイビー、レッド、カモフラといった4色のカラバリをベースに、ボトム&ビンディングに趣きあるスエード生地をオン。MPならではの機能性はそのままに、モダン&クラシカルにアップデートした逸品が誕生。お気に入りバッグと一緒に、秋深まる街にお出かけしましょ

レッドのリュック¥12,810、カモフラ柄メッセンジャーバッグ¥12,915、メッセンジャーバッグ(ネイビー、ブラック)各¥10,500

シンプルなコンビネーション

アップロードファイル 6-1.jpg

皆さんこんにちは!

今日はコンビネーションリングをご紹介します(*^_^*)

マリッジリング スイトピーII

S : ¥116,000+税

ストレートの上下で色が違い、重ねづけをしているかのようでとってもオシャレなリングです♩

男性側(上)のリングのように、ゴールド部分につや消しを加えるともっとオシャレに魅せてくれます♩

ぜひ店頭にてご試着してください☺️

ニットの暖かくおしゃれに過ごそう

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

ニットは幅広いコーディネートで活躍してくれる秋冬の必須アイテム。今回は品質面とデザイン面の両方に優れたブランドを世界中から厳選してご紹介します。ニットにはさまざまなタイプがあるので、それぞれの特性をしっかりチェックしてみてください。
ニットを選ぶ上でまず確認したいのが素材です。コットン製のニットは柔らかく弾力性に優れています。水洗いに適しているので、デイリーユースにピッタリのアイテムです。

一方、ウールは保温性の高さが特徴。水溶性の汚れに強く、型崩れしにくいのが魅力です。中でも、極上の肌触りや上品な光沢感を楽しみたい方はカシミアを検討してみてください。
ニットの印象を大きく左右するのがネックの形状です。首回りにピッタリと沿ったクルーネックはカジュアルな雰囲気が魅力。一方、首元がV字にカットされたVネックはスタイリッシュな印象を演出してくれます。

保温性を重視したい方には首をしっかり覆ってくれるタートルネックがおすすめ。そのほかにも横に広く開いたボートネック、クルーネックとタートルネックの中間のようなデザインのモックネックなどさまざまな種類があります。
編み方もニットを選ぶ上で重要なポイントのひとつです。ハイゲージのニットは細い毛糸で密に編まれており、艶やかな質感が特徴。大人っぽいコーディネートで活躍してくれます。

反対に、太めの毛糸をざっくり編み込んだのがローゲージ。暖かみのある印象で、カジュアルスタイルにピッタリです。

1784年に設立されたイギリスの老舗ブランド「ジョンスメドレー」。メリノウールをはじめとする上質な素材を使用したニットは、しなやかな肌触りと気品の漂う美しい光沢に定評があります。手間のかかる工程を重ねることで完成した、心地よいフィット感をぜひ楽しんでみてください。
ジョンスメドレー自慢のオリジナル素材「シーアイランドコットン」を採用したハイゲージニット。薄手の生地をスタンダードフィットで仕上げており、ソフトな着心地が魅力です。

プレーンなデザインで、カジュアルからビジネスまでの幅広いコーディネートに馴染んでくれます。オールシーズンで着用できるトップスを探している方におすすめです。モックネックの首元が印象的な長袖ニット。メリノウールを30ゲージで編み込み、光沢感と高級感のある生地が完成しています。

ゆとりを抑えたミニマムなフォルムなので、ジャケットの下などにも着用できます。ワードローブに加えれば、秋冬シーズンに大活躍してくれるアイテムです。
ドルモアは1773年にスコットランドでスタートした世界最古のニットブランドです。歴史の中で培われた確かなクオリティーで英国王室御用達の称号を獲得。現在は拠点をイタリアに移し、シルエットやデザインにトレンド要素を盛り込んだアイテムを生産しています。
ケーブル編みが特徴的なアランニットはドルモアを代表するアイテム。ローゲージのウールを使用することで、ゴワツキのない柔らかな着心地を実現しています。

本モデルはデニムやスラックスといったシンプルなボトムスと合わせるのがおすすめ。細身のシルエットで仕上げられているため、ジャケットやコートの下に着用するのも最適です。
ふんわりとした柔らかな生地感が目を惹くクルーネックニット。ベーシックなデザインで老舗のドルモアならではの魅力を引き立てています。

ポイントはミドルゲージのカジュアルな質感。重くなりがちな秋冬のコーディネートを軽やかにしてくれるアイテムです。
シーピーカンパニーは広告印刷業界出身のデザイナーによって創業されたイタリアのファッションブランド。洗練されたデザインと豊かな色彩で独自の世界観を築いています。機能的でありながらスタイリッシュなデザインが本ブランドの特徴です。ウールとポリアミドをミックスした、撥水性のある素材が魅力のクルーネックニット。ハイゲージの軽やかな風合いにこだわったアイテムです。

袖に配したジップポケット付きのゴーグルレンズがデザインのアクセント。イエローやワインといったユニークなカラーリングも相まって、他にはない存在感を演出しています。
定番のボーダーデザインとフランスらしい洗練されたフィッティングが上品なバスクニット。素材には上質なコットンを厳選しており、肌触りは滑らかです。

スッキリとした首元で軽やかな着心地が特徴。合わせるボトムスを選ばないので、オールシーズンに渡って重宝します。
シャツメーカーとしてイタリア・ミラノ近郊で誕生したブランド。70年代にアウトドア色の強かったダウンジャケットをタウンユースしやすいダークカラーで提案するなど、先見性を持ち合わせた独自のセンスが魅力です。現在もクラフトマンシップ溢れるアイテム作りで人気を集めています。
イタリア語で静寂を意味する「SILENZIO」をプリントした、遊び心あるデザインのクルーネックニット。身体にしっかりフィットするモダンなシルエットが魅力です。

動物性の天然素材であるヤクとウールを混紡した生地は保温性抜群。深みのあるカラーリングもポイントで、コーディネートに季節感を演出できます。
イタリアを代表するカジュアルウェアブランド。斬新なデザインを追求し、個性豊かなアイテムを数多く生産しています。素材選びや縫製技術に重点を置くなど、質の面でもこだわりが強いのがディーゼルの魅力です。
シャープなVネックが特徴の長袖ニット。左胸のブランドロゴ刺繍やショルダーに入ったボーダー状のキルティングといった控えめな装飾が、品のよさを演出しています。

コットン、ナイロン、エラステインによるミックス素材は伸びやかで着心地は抜群。トップスとしてもジャケットの下にも活躍できる、汎用性に優れたアイテムです。
イタリア屈指のニットファクトリーが手がけるオリジナルブランド。ヨーロッパの有名ブランドにも認められるクオリティーとモダンなデザインセンスが特徴です。パリやロンドン、東京など、世界の主要都市のセレクトショップで展開されています。
首元を覆ってくれるモックタートルネックの長袖ニットです。保温性が高いので秋冬にピッタリのアイテム。ケーブル柄のクラシカルなデザインがポイントです。

ウール100%をミドルゲージで仕上げており、その質感はまるでカシミアを加えたかのように艶やか。ガーメント処理により濃淡が生まれ、温かみのあるカラーリングが魅力のアイテムです。
イタリアのみならず世界のファッション界を牽引するラグジュアリーブランド。巧みな素材使いと、洗練されたデザインが持ち味です。ウェアはもちろん、バッグ、シューズ、アイウェア、フレグランスといった各分野で絶大な人気を誇っています。
ヴァージンウールを贅沢に使用したプラダらしいクルーネックニット。キャッチーなダイナソーモチーフを編み込み、大人の遊び心を演出しています。

1枚で着用してもインパクトは抜群。個性的なコーディネートを楽しみたい方におすすめです。
「自分たちが着ていて、心地良い物を作りたい」という思いからスタートした、日本の新鋭ニットブランド。デイリーユースに重宝するベーシックなデザインのウェアを製造しています。流行に左右されないアイテムを探している方におすすめです。
ざっくりとローゲージで編み込まれたクルーネックニット。素材のスーパージーロンラムはソフトな感触が特徴で、抜群の暖かさを誇ります。

シルエットがゆったりとしているので、細身のボトムスと組み合わせればメリハリのあるスタイリングを楽しめます。世界的なバイヤー、ピエール・フルニエがパリにオープンしたセレクトショップ「アナトミカ」。こだわりに溢れたオリジナルウェアを展開しています。メンズライクな独特の雰囲気と、フランスらしいエレガンスを持ち合わせたコレクションが特徴です。
首をしっかり覆ってくれるタートルネックの長袖ニット。スコットランド・シェットランド島産の上質な羊毛を日本で染色・縫製しており、高い品質が魅力です。

脇に縫い目がないシームレスな構造がストレスのない着心地を演出。ベーシックなデザインで、幅広いコーディネートによく馴染みます。
「良い商品を適正価格で提供したい」という理念のもと、2009年に誕生したイタリアブランド。熟練の職人技と、希少なヴィンテージ編立機によって生み出されるニットウェアで高い評価を集めています。コスパに優れたカシミア製品を探している方には「セッテフィーリ カシミア」がおすすめです。
ウールとレーヨンにカシミアを混紡した極上の素材を採用し、柔らかな肌触りが魅力のモックネックニットです。

スラックスをはじめとする、フォーマルなボトムスと合わせるのがおすすめ。さらに、トップスとしてだけでなくジャケットスタイルも品よく仕上げてくれます。

AutavシアWOS限定カウントダウンリスト

Watches of Swzerlランド(WOS)はオーストラリアでリードしている時計の小売店の一つで、van der Greend家族によって創立されてもその所有に属している。1987年には、WOSがTBHeuerタイガーをオーストラリアに導入する。21年にわたるパートナーシップを祝うために、AutavシアWOSのカウントダウン表を発表し、この腕時計はオレンジ色を採用し、150枚限定で発売された。
新しい腕時計は、昨年の世に出てきたAutavシア腕時計をベースに、直径42ミリの精製鋼のカバーを装備し、Heuer - 02自動上弦のカウントダウンを内蔵している。現代のAutavシア腕時計のデザインは、1966年のAutavel Rt . 246“Mark 3”アンティーク腕時計に遡るが、青いオレンジ色のデザインは、1970年代のAutavシア腕時計である。
ほとんどのモノクロカラーのAutavシア腕時計とは異なり、真新しいAutavisWOS腕時計は、金属の青い表盤を持ち、白子の表盤と目立つオレンジの中央秒針を組み合わせている。時の針と時の落札されている場合は、いずれもスーパーマーケット- Laminova蛍光物料を塗り、暗い環境でも完璧に読み取れる効果を確保できる。この時計は、TBHeuerタイガーと自家製Heuer - 02の機軸を搭載し、垂直離合と導柱輪を組み立て、75時間の動力備蓄を提供することができる。

毎朝握って快適!低反発シリコン製の卵型目覚まし時計

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

「握る快感」を提供する目覚まし時計。

最近、快適な目覚めを実現するためのガジェットが続々開発されています。今までの目覚まし時計は、とにかく大きな音を出して半ば無理やり人を起床させるものでした。その目覚めは決して気持ちいいものとは言えません。

そこで「MORNI」の登場です。現代人を救うのは卵型デザイン!さて、このMORNIは目覚まし時計です。

しかし、ボディのどこにも時刻表示がありません。ぱっと見、ただの卵型のオブジェです。時刻表示はボディー底面にあります。

設定時刻に差しかかると、音とライトで目覚めを促します。使用者はMORNIを取り、音を止めようとします。実はこのあたりがミソで、MORNIは低反発素材のシリコン製。そして音を止めるためには最低5回ボディーを握らなければなりません。MORNIはその握り心地を提供することで、使用者に無理のない目覚めを与えるというコンセプト。

つまり、目覚まし時計にフィジェットトイ(暇つぶし用のおもちゃ)的な要素を付け加えた製品ということです。

「手で握る」というのも、ひとつの運動。心地よいグリップ感で1日の始まりを快適に過ごす、というのがMORNIの狙いです。「睡眠」と「握り」。一見まったく関係のない要素ですが、それらを結びつけることにより斬新な製品が登場しました。

夜間は照明としても活用できるMORNI、クラウドファンディング「Kickstareter」で306香港ドル(約4300円)から。
ボディに時刻表示が見当たらない目覚まし時計。それって時計と言えるのか? ですが、目覚まし時計の一番の役割は「寝ている人を起こす」こと。MORNIは無理のない起床を促す新型目覚まし時計です。

今日ロレックス検査表に行きましたか

"ウサギ 姉、私 時計はやっと到着しました。上海では労働者 顔を出して、私は蓋を開けて検査をするように要求しました。結局、私 1人 兄弟たちに、やはり不安になったと聞いて、また北京 労働者服を一度カバーしました。ウサギ 粉 マスターは前 数日は突撃して私に話をしてきたことを言って、こ 黒水 鬼 経歴は本当に起伏して起伏しています(税関 中でまだ大半 月を引きこもりました)。でも2回かけたと聞いて、ウサギはびっくりして腕時計が落ちそうになった。
「労服面交」に慣れていて、こんなひどいことは見たことがない……。
「服服面交」というと、ロレックス こ 言葉はよく知られていることを知っています。これは典型的な時計商や代理購入用語で、本来 意味は「ロレックスお客様サービスセンターで面と向かって取引しています」ということで、こ プログラムが終わったら、手に手を渡して渡したり、大喜びしています。
最近は多く 表友 物語を聞いて、ウサギも興味を持ち、伝説 日常を還元させてくれました。
まずロレックス お客様サービスセンターを説明して、全国に3つしかありません。それぞれ北京、上海、広州にあります。もちろん、今日はウサギは労服を紹介するためではなく、皆さん 気持ちを感じているだけです。さすがに多く 伝説を持っているブランドにとって、どんなメールが公式に確認されていることは、すべて実際 意味がないということです。ロレックスはいつまでも許されない態度でした。
だから、私たちにできることは、できるだけ目と耳で部分 真実を知ることです。
実は数年前に、労服に行く は基本的に時計を修飾する人であったが、今はほとんど表商人 地盤になっていて、2人1組になって、1本 かばんには腕時計 パーツを持っている。
労働者 操作 流れ 基本は以下 通りです:まず、補修受付所で、一般的に2人 受付者がいて、番号を取って、スクリーン 呼び出しを待っています。そ 後、4人 スタッフが、時計を操作 間に送って、補修師 意見を伝えて、お客様とは比較的多く 交流をしています。専門用語に対する。たとえば、あなた 時計は評価作業場に送って検査をして、師匠は補修 意見と見積書を出して、ただあなたは受け入れて、やっと次 動作があります。
もちろん、今 ところ多く 人 目的は簡単で乱暴である。
何年か前に、みんなはすべて隠していて、申し訳ありません直接口を開けて、ど ような理由を探しなければならなくて、例えば「私は表帯を切りに来た です」という理由を見つけなければなりません。
しかし、今では、みんなが心を知ろうとしても、何も隠す必要はない、読者 小さいPは私に言った。彼は時計を表に渡して時計を測ったとき、スタッフが「蓋を開く か」と慣れていた。
実は、ほとんど 中古表は、労服によってカバーする過程を経験しています。結局、時計 歳月が長くて、手を使う人も多いかもしれません。
表友「Lオ」は、彼 本当 経験を教えてくれた。「以前は古いカレンダー型を1枚手に入れましたが、ディスク面は特に好きで、大体判断してもかまわないと判断しましたが、労服検査 時に問題を発見して、表 シリアル番号が間違っていません。そして、スタッフが教えてくれた ですが、こ 時計 ディスクは後に配られたも です。Lオは彼がびっくりしたと言っていた。
わかりやすく言えば、こ 時計はすべてロレックスから出てきたが、それは原配表ではなく、異なるロレックス表 部品を一つ 表にしたことに等しい。こんな腕時計、世間には防げない。
労服 規則に従って、こ 時計が流れに入ると、すべて 不一致な部品が復元されてしまう。つまり、手入れが終わった腕時計は必ず元に配られる。「私にとって、こ 時計を買う意味がなくなってしまって、とても憂鬱です」Lオは言った。
ちなみに、なぜウサギは新人がロレックス 改装を慎むように注意した か、ロレックスが部品や外観を変えた腕時計を何 代わりに変えずに、いったん労服に手を出すと、元 形に戻しなければならないということです。
同じように、6時位 時計 内に表 シリアルナンバーがあり、こ 番号と保証カードが一致していて、ウサギは自分 ディ通で検証したことがある。しかし、こ 判断は、これら 年 新しい表に限られている。ウサギはテストをして、私たちは比較することができて、ロレックスは比較的に古い16200で、内輪は光 です。
だからこれら 資料を見ると、何 時計かと大まかに判断できます。ウサギ これは1991年 平頭4バンド 黒鬼だった。こ 問題は、電話をかけるだけで、顧客は非常に詳しい。
しかし、私は、普通 消費者として、これら いわゆる鑑別技術を把握する必要はなく、専門 ことを専門 人に渡す必要はないと考えています。
もちろん、機軸が保真であるかどうかは、蓋をして解決するしかない。ウサギ 粉 センターは私に教えて、彼は蓋を開けて(2回)、毎回40分以上待つ が100 % 安心だと言って、こ 時計については、未来は手を出すつもりはなく、未来は黙っています。
私は朝10時半に入服して、8日までもらって、だいたい昼12時に離れて、そ 時はすでに25日になりました。小Kは、周りをよく観察し、午前中に真偽 少なくとも3対を測ってみたという。
もちろん、本物 バンドを切りに来た ですが、速く切って走ってしまいました。

なぜロレックス、パトリックフィリップなどからいくつかの時計は、小売で見つけることは不可能です

あなたはおそらくいくつかのブランドの新しい時計が上記の小売価格の市場にあることに気づいたことがあり、その上に取得することは不可能と思われる?あなたがこれらの言葉を読んだように、どこかのブランドの新しいロレックス、パトリックフィリップ、Audemarsピゲ、または何か他の何かを購入しようとしているとして、その近くのレベルの時計は、現在非常に熱い商品である可能性がありますブランドのいくつかの数から選択します。それは、保証されたディーラーがあなたが欲しいものを得ることができないイライラする買い体験に翻訳します(あるいは、時々、あなたは小売価格のために何かを購入するためにゲームをすることを強制します)。
それらの同じ時計が利用可能であるので、ものははるかにより良いオンラインでありません(彼らが全くそうであるならば、小売価格より多くのためにしばしば新しい、そして、中古の状態)。純粋な資本主義は、特定の贅沢なスポーツ腕時計のために生きていて、よくあります...?我々が次の数年で特定のブランドから人気のスポーツ腕時計を得ることを切望している誰のためにでも特に関心がなければならないで我々が面白い現象を議論しましょう。
腕時計などの贅沢な製品の市場は、人間の感情と知覚に非常に依存しています。芸術やライフスタイルの贅沢品のディーラーは長い間、知覚と可用性は、多くの消費者のための実際の固有の値よりも重要であることを知られている。つまり、一時的な「高い需要傾向」さえ、供給より多くの需要に速く翻訳することができます。
贅沢な求職者は、製品が実際には多くの時間の本質的に価値があるもの対を取得するのは難しいという事実に焦点を当てて終了します。いくつかの例では、非常に“良い”製品も取得するのは難しいでしょう。それが一般的であるので、それが特に望ましいということであるというわけではありません、そして、ブランドが腕時計コレクター購入行動をどれくらい大きくすることができるかについてわかっているのを見てください。
複雑さや原料や部品の不足のために何かが生産で制限されるときに排他性が来ることができます。独占性は、知られているより少ない製品を生産することによって、人工的につくられることもできます。これは、彼らが売ることができるということを知っているより少ない会社を売っているので、これは短期的な利益を制限します、しかし、供給を制限することはファンに両方とも従事して、必需品の限られたセットのために感情的な需要でファンを保つので、長期的利益を増やすことができます。また、我々が話しているブランドは、より簡単に(しかし、より高価な小売価格で)他の時計を供給しながら、限られた供給を持つ特定のヘイロー製品を選択してください。これは、通常、ブランドは、彼らが作るすべての製品を制限しないことを意味します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ